化粧水をうまく使おう!

化粧水をうまく使おう!

洗顔のあとに、メイクの前に化粧水を使う頻度はほかのスキンケアより多いと思います。

 

何かと使う化粧水だけど、お水みたいにジャブジャブ使うのは憚られる…一年中をとおしてしっかり保水力を保つためにはある程度使ってもしかたないですが、適量…ってどれくらいなのか?まず少なくてはコットンや手のひらの摩擦でお肌には逆効果。

 

肌トラブルを招きます。コットンを使うときは裏側が透けるくらいしみこませてパッティングするのがいいみたい。適当な量は500円玉程度といわれていますね。

 

コットンにしみこんでいて成分はホントにお肌に吸収されるの?と心配になりますがパッティングで有効な成分はしっかり吸収されるようです。ハンドプレスの時は片手の手のひらからこぼれない量を2回分が適当みたい。

 

丁寧にやさしく肌になじませるイメージで浸透させていきます。手のひらにのせるとこぼれやすいので、コットンを使ったほうが無駄がないかもしれませんね。コットンでパッティングした後ハンドプレスが理想ですね。

 

乾燥が気になるところは2度づけもおすすめ。これからの乾燥する時期はシートマスクを有効利用するのもいいですね。シートにしみこませて肌へのせること5〜10分がいいです。

 

あんまり長くのせてしまうとシートが乾燥してきて肌からの水分を逆に奪います。せっかくの有効成分が逆流するのはいけませんね。シートがなければコットンマスクでもいいでしょう。

 

化粧水をたっぷり浸したコットンを2〜3枚に分けて顔に貼り付ければOKです。化粧水を顔表面だけ撫でる程度では水分の浸透は期待できません。一ビン大体ひと月で使い切るのを目安に朝晩しっかりたっぷり水分補給とケアしていくのがおすすめです。

 

化粧水のおすすめ紹介

化粧水をうまく使おう!関連ページ

スキンケアとしわ
スキンケアとしわについて掲載します。
しわの原因
しわの原因について掲載します。
シミと代謝
シミと代謝について掲載します。
シミと美白
シミと美白について掲載します。
肌トラブルのシミ
肌トラブルのシミについて掲載します。
シミの生成
シミの生成について掲載します。
ネットで人気の化粧水
ネットで人気の化粧水について掲載します。